ギャンブル映画

史上最高のギャンブル映画

映画は、非常に重要な手札です。カジノに対してのポジティブなイメージを作り上げてくれます。米ハリウッドでは、カジノに関する映画を長年制作しており、ストーリー自体とても面白い作品があります。映画の中で起こることすべてが現実ではありませんが、人生とはこういうものだということを見せてくれます。

007カジノ・ロワイヤル(マーティン・キャンベル監督、2006年):

ジェームズ・ボンドの映画といえば、『007カジノ・ロワイヤル』です。ラグジュアリーな車、美女、イケてるスパイが登場し、それぞれすべて上手に描かれています。2006年の『007カジノ・ロワイヤル』は、1973年に制作された同じタイトルの映画の復刻版であり、現代的に仕上げたものです。ダニエル・クレイグ演じる主人公が、ル・シッフルが非合法にカジノで稼ぐのを阻止する使命を任されます。要するに、テロリストの活動資金を断ち、彼らの計画を阻止するのです。

ラスベガスをやっつけろ(テリー・ギリアム監督、1998年):

ラスベガスをやっつけろ

ハンター・トンプソンは、弁護士チームとともに、ロサンゼルスからラスベガスへ旅をします。ラスベガスにて、とあるスポーツイベントを取材することにしたところ、ヒッチハイカー、ギャンブラー、警察官、ドラッグディーラーたちの騒動に巻き込まれてしまいます。

ハングオーバー!(トッド・フィリップス監督、2009年):

『ハングオーバー!』は、ギャンブルとコメディーという2つのジャンルが合わさった映画です。友人ダグのバチェラー・パーティーのためにラスベガスを訪れた4人の男を中心に、話が進みます。パーティーの翌日に目覚めたところ、全員昨夜の記憶がありません。なんと浴室には虎がいて、一人は歯が抜け、ダグは行方不明。なんとかダグを探し出し、彼の結婚式に間に合うようにしなければなりません。

カジノ(マーティン・スコセッシ監督、1995年):

『カジノ』は、ギャンブル産業を扱った有名な映画です。ギャンブルとは何かを議論し、それを世の中に広めるには、まずはこの映画だとされています。ラスベガスの豪華なライフスタイルに、スポットが当てられています。ストーリーが進行するにつれ、マフィアの裏ボスであるサムの友人が、助けを求めます。そして、事態は悪化し、ニッキーとジンジャーはサムの決めたルールをすべて破ってしまいます。

オーシャンズ11(スティーブン・ソダーバーグ監督、2001年):

オーシャンズ11

ダニー・オーシャンとその仲間には、とある計画がありました。ラスベガスにある3つのカジノを強盗し、1億5千万ドルを奪うことに決めます。『オーシャンズ11』は、ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツといった錚々たるメンバーの俳優たちが出演し、スリル満点の映画です。

まとめ:

映画は、実生活の一幕を描いたものです。現実的には、ありえない話かもしれません。ただの仮想や誇張表現が多いかもしれませんが、そこから得らえるものも何かあるはずです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *